ぎふスキンケアクリニック

ぎふスキンケアクリニックは岐阜市にある形成外科・美容外科・美容皮膚科のクリニックです。

  • 院長紹介
  • 形成外科
  • 美容外科・美容皮膚科
  • 料金一覧
  • 院長ブログ
  • アクセス

美容外科・美容皮膚科
Cosmetic Surgery Beauty Dermentology

性器の修正
modifying genitalia

当院が得意する治療は
女性の「小陰唇縮小手術」、
男性の「包茎環状切開法」です。

プライバシー重視の個室空間で、
落ち着いて診療をお受けいただけます。
治療担当は院長のみです。院長は男性ですが、
これまで、女性患者様の多くの方が、
お悩みを打ち明けていただき、治療されました。

スタッフ一同でサポートさせていただきますので、
安心してご相談ください。

また、男性の患者様にも、親友に相談している感覚で
安心して治療できたとお声を頂いております。
お気軽にご相談ください。

治療方法
method

小陰唇縮小手術
labia minora

イメージ画像

この手術の需要はデリケートな悩みであるのに、
意外に多く感じます。
手術を受ける動機ですが、

  • 小陰唇が大きくビラビラ、小さくしたい
  • 左右の大きさの差が気になる
  • 黒ずみが気になる
  • 下着に擦れて痛い
  • 尿の出る方向が安定しない
  • パートナーに指摘され、ショックを受けた

小陰唇の外側を部分的に切除することにより、治療します。
希望の大きさにデザインし、切除範囲をマーキングします。
局所麻酔を注射します。
マーキングに沿って切除し、止血を確認した後、縫合閉鎖します。

副作用とリスク

  • 血種や腫れが生じることがあります。
  • 術後感染や傷の治りが悪いことがあります。
  • 結果に左右差を生じることがあります。
小陰唇縮小術(税別)
両側 ¥150,000
片側 ¥80,000

術後の経過

  1. 術後の腫れは1週間続きますが、
    その後徐々に引いていきます。
  2. 縫合部の糸は10日~14日で抜糸します。また、抜糸の不要な吸収糸で縫合することもあります。
  3. 1か月後から性交渉が可能です。

包茎手術
phimosis

イメージ画像

成人になっても包皮が亀頭に覆いかぶさった状態を、包茎と言います。
用手的に包皮を反転できる場合は仮性包茎、癒着して反転できないと
真性包茎と呼んでいます。包茎を放置すると次のような症状に悩むことが多いです。

  • 見た目がかっこわるい
  • コンプレックスで公衆浴場に行けない
  • 自信が持てず、女性に対し積極的になれない
  • 早漏で女性に対し積極的になれない
  • 恥垢がたまって不潔になり、悪臭がする
  • 尿が飛び散ってトイレを汚してしまう
  • 排尿後、包皮に尿がたまり、下着を汚してしまう
  • 長年放置することにより、陰茎がんのリスクとなる

局所麻酔を行い、無痛状態での手術可能です。約30分で終了します。環状切開法を基本として行います。
陰茎の包皮は通常、カリに近いところから根部にかけて、ピンク色から黒ずんだ色へ、グラデーションになっています。
環状切開法では余分な包皮を切り取り、常に亀頭が出ている状態に形成するのですが、勃起時に皮のたるみがなくなると、
手術痕を境にツートンカラーになってしまいます。この問題を少しでも和らげるには、なるべくカリに近い部分で手術痕を残すことです。
かなり目立たなくなります。また、うらすじの部分は感覚が敏感で傷をつけたくありません。
したがってV字に切開することでうらすじを温存して縫合します。

副作用とリスク

  • 血種や腫れが生じることがあります。
  • 術後感染や傷の治りが悪いことがあります。
  • 傷痕が残ります。皮膚の色素沈着の具合によっては
    ツートンカラーに見えることがあります。
包茎手術(税別)
環状切開法 ¥100,000

(症状によっては保険適応の
ケースがございます)

術後の経過

  1. 術後翌日から患部も含めてシャワー浴が
    可能です。抜糸後より入浴可能です。
  2. 術後2週間程度で抜糸します。抜糸を必要と
    しない吸収糸で処置することもあります。
  3. 1週間は縫合部付近の包皮が腫れます。
    2週間程度で完全に腫れが引きます。
  4. 1か月後より性交渉が可能です。
  5. 術後の通院は1週間後、4週間後あたりまで
    フォローさせていただきます。

病的な要素がある方は保険診療が可能です。当院では自由診療で手術を行います。保険診療で受ける手術との違いですが、
包茎状態を解消するという目的は同じです。しかし、美容外科医として、よりきれいなデザインで切開、縫合を行うこと、
V字デザインや、自然な包皮の余り具合などを考慮した手術が可能です。
また、一般的な保険診療に比べてより重視された術前説明、プライバシーを重視した診療空間をご提供することが可能で安心して 治療に専念できます。

ページトップ