医療法人社団 美啓会 ぎふスキンケアクリニック

医療法人社団 美啓会 ぎふスキンケアクリニックは岐阜市にある形成外科・美容外科・美容皮膚科のクリニックです。

  • 院長紹介
  • 形成外科
  • 美容外科・美容皮膚科
  • 料金一覧
  • 院長ブログ
  • アクセス

形成外科
plastic surgery

できもの
tumor

種類
type

できもの、おでき、しこりといわれる皮膚の良性腫瘍
は皮膚科でご相談されることが多いと思いますが、
いざ治療となると皮膚外科を専門とする形成外科へ
ご紹介されることがあります。
当院は、皮膚腫瘍の摘出治療に力を入れております。
数ミリの小さいものでも、こぶし大以上に
なったものでも対応致します。

粉瘤(アテローム)

皮膚の浅いところにドーム状に盛り上がるころっとしたしこりです。
数ミリ大から10センチ以上のものまであります。この腫瘍は袋状の構造物の中に垢のような角化物が充満したものです。基本的には痛みなどの症状はありませんが、感染すると次に示す感染性粉瘤となります。中央に毛穴のような小さな穴があり、圧をかけると内容物が出てくることもあり、悪臭を放ちます。出てくるものは脂肪ではありません。良性ですが、治療は手術で摘出するしかありません。
摘出せずに放置すると、年余にわたり増大して、見た目に悪い上、取ろうと思うと大きな傷跡を残すことになってしまいます。また感染し、痛みと膿で生活に支障をきたすこともおこりえるので、爆弾を抱えて過ごすことになります。 日常大変よく遭遇する、最も多い皮膚腫瘍の一つです。

粉瘤(アテローム)

感染性粉瘤

上記粉瘤が細菌に感染し、炎症を起こしてしまった状態です。
粉瘤のみだと、症状としては腫瘤の自覚のみですが、感染すると発赤、疼痛、熱感を生じ、生活に支障が出始め、さすがに病院に行こうということになります。それでも放置すると自壊して大量の膿が排出され、終息に向かいます。 ごく軽度の炎症では、抗菌薬の内服で治療するか、後に述べるくり抜き法で摘出します。
炎症がひどくなると、いったん切開排膿のみ行い、炎症が治まりしばらくしてから完全摘出する方法をとることもあります。しかし、当院では炎症がひどくても、極力袋状の腫瘍を除去する努力を行い、一度で治癒するように試みています。

感染性粉瘤

脂肪腫

粉瘤よりも少し深いところ、皮下組織内にできるしこりです。
コロッとしていますが、比較的柔らかく弾力を感じるしこりです。
大きくなると皮膚が盛り上がっていきます。中身は肥大した脂肪細胞です。 ごく薄い皮膜に包まれています。治療は摘出しかありません。 放置して感染することはあまりありませんが、大きくなると手術の傷痕も少し大きくなります。

また、基本的には摘出術ですが、脂肪吸引を併用したりして、できるだけ小さな傷で取ってみたこともあります。 医学的には腫瘍ですと、完全摘出が望ましいと考えますので、当院では少しでも小さな傷で全摘を目指します。 小さな脂肪腫が全身に多発する血管脂肪腫という疾患があります。少しずつ摘出していきます。

  • 脂肪腫
  • 脂肪腫

脂腺嚢胞

ドーム状に隆起した良性腫瘍で多発することがあります。粉瘤と似ています。

脂腺嚢胞

石灰化上皮腫

小児期より顔面や四肢などに固い石ころが入ったようなしこりとして自覚するものです。
成人まで放置して、少しずつ大きくなるので、そろそろと言って摘出にかられる
若い患者さんが多いですし、ご両親とともに小児期のうちに相談・治療する方も見えます。
やはり手術でしか治療できません。

石灰化上皮腫

ガングリオン

関節に近い皮膚の下にドーム状のしこりが生じます。弾力のある固いしこりです。
関節を支えている組織が弱くなり、膨らんでしまったもので、袋状のしこりのなかに
ジェル状の内容物を含みます。痛みがあれば中身を針で抜くか、摘出術を行うこともあります。
再発の報告も多く、それほど苦にならなければ様子を見たり穿刺して平らにしたりしておきます。

ガングリオン

ミューカスシスト

イボ状、もしくは水ぶくれのようなできものです。関節付近に問題があり生じます。
穿刺するとジェル状の粘液が出てきます。

ミューカスシスト

その他、外毛根鞘腫、毛包腫、神経線維腫、などなど、いろいろな種類の皮膚良性腫瘍を治療しています。
また、日光角化症、ボーエン病、などの前がん病変や、基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫
といった皮膚悪性腫瘍もしばしば見受けられることがあります。
治療するかは、診断がついてからお考えになられたらと思いますので、まずは診察にいらしてください。

治療方法
method

局所麻酔を注射し、腫瘍(しこり)の摘出を行います。
その後皮膚を縫合閉鎖します。場合によっては、半閉鎖とする場合があります。縫合閉鎖には、単純に縫い寄せる、
巾着型に閉じる方法などがあります。いずれも形成・美容外科的縫合法で綺麗に仕上げます。
摘出標本は病理学的検査(悪性腫瘍でないかの確定診断)に提出します。

  • 粉瘤の全摘出
    粉瘤の全摘出

    切開し、粉瘤を皮膜ごと
    全摘出しています。

  • 粉瘤摘出後の縫合創
    粉瘤摘出後の縫合創

    摘出後は形成外科的に細い糸で
    丁寧に縫合します。

  • 粉瘤摘出後の縫合創
    粉瘤摘出後の縫合創

    3~6ヶ月後には傷跡の赤みが引いて
    目立たなくなってきます。
    しかし、ケロイド状になるリスクもあるので
    注意深く見ていきます。

粉瘤くり抜き法
くり抜き法の場合は、皮膚用パンチで数ミリ大の孔を開け、そこから腫瘍の内容物と被膜の全摘を目指します。
感染などで被膜が脆弱な場合は掻把により摘出します。その後、創部は開放創とし、外用剤を使用して自然閉鎖を促します。摘出標本は病理学的検査(悪性腫瘍でないかの確定診断)に提出します。内容物の細菌学的検査を行います。 基本的には切開、摘出、縫合の方法で行います。確実に摘出できるからです。
くり抜き法は状況に応じて応用しています。

ホームケアとアフターケア
care

  • 切開部を縫合した糸は約1週間で抜糸します。その後3か月間テーピングを行います。
  • くり抜き法の場合は2週間程度で傷がふさがりますので、外用薬による処置を要します。
  • 傷痕は3か月ほど赤味があります。また、その間傷痕は固くしこりのように感じます。
    その後、色素沈着し、約半年かけて柔らかく、色味も目立たなくなっていきます。
  • 手術当日は患部を保護してシャワー浴のみとし、入浴、運動、アルコールを控えてください。
  • 手術翌日から、患部もシャワーで洗浄してください。しかし傷をこすったりしないでください。

Q&A
questions and answers

保険適応でしょうか?

保険診療で治療できます。診療費は腫瘍の部位や大きさで
異なりますが、小さいものでは9千円~1万円程度からです。

以前、粉瘤(アテローム)と言われ、様子を見ておけばよいと
言われたのですが治療した方が良いでしょうか?

状態に応じて治療すべきか、判断いたします。当院では他院での
治療後再発例や、切除不能例も治療を検討いたします。

手術中の痛みはありますか?

局所麻酔の注射を行いますので手術中は痛みはなく
触っている感覚があります。注射のチクッとした痛みはありますが
一瞬で我慢できる程度です。

診察から手術、会計まで、どのぐらいの時間がかかりますか?

目安ですが、問診~診察と説明で20分程度、手術15~30分程度、
会計に5分程度です。腫瘍の大きさや個数、種類、また患者さんの
ご不安の程度などによって対応が変わりますので、
一概に言えませんのでご了承ください。

傷跡は残りますか?

できものの種類によります。
いかに美しく仕上げるか形成外科の得意とするところです。
十分カウンセリングをして予測される傷痕の具合を説明いたします。

皮膚の癌か調べてもらえますか?

摘出した細胞が悪性であるか、
病理検査で調べます。

初診当日に手術や処置が可能ですか?

当日手術をご希望の方は空きがあれば可能です。
予約の際に当日希望とお伝えください。

入浴はいつから可能ですか?

当日もしくは翌日よりシャワーは可能です。

傷もシャワーできれいに洗い流してください。
傷の処置方法、
ガーゼ、 テープの使用方法などはしっかりと説明いたします。

自宅での処置に必要な材料はもらえますか?

当院で指示した自己処置に必要な材料をすべてお渡しして
お帰り頂けます。

ページトップ