医療法人社団 美啓会 ぎふスキンケアクリニック

医療法人社団 美啓会 ぎふスキンケアクリニックは岐阜市にある形成外科・美容外科・美容皮膚科のクリニックです。

  • 院長紹介
  • 形成外科
  • 美容外科・美容皮膚科
  • 料金一覧
  • 院長ブログ
  • アクセス

形成外科
plastic surgery

巻き爪
ingrown nail

爪周囲炎
爪周囲炎

爪の横が炎症をおこしています。そのままにしても改善しがたい状況です。爪は強く巻いていませんが、陥入爪という状態です。

巻き爪
巻き爪

炎症は強くないのですが、爪が巻いてしまって
痛みを伴います。

「巻き爪」は爪が湾曲した状態のことを言います。
痛みがなければ見た目が問題となる状態です。
しかし、爪の両サイドの皮膚に食い込んで、痛みを
生じている場合を「陥入爪」の状態と言います。
菌が感染して炎症を起こしてしまったものを
「爪周囲炎」と呼んでいます。

原因として考えられること
cause

巻き爪になる原因は、いくつかありますが、
主に遺伝、加齢、爪の切り方、靴、運動
などがあげられます。
爪は加齢によって厚くなると乾燥しやすくなり、
乾燥からの縮みが原因となるのです。
また、爪を切るときに、短すぎたり、側面を切って
丸くしてしまうと、爪が食い込む原因となります。
靴の形が合っていない場合や、つま先に負担のかかる
運動をしている方は巻き爪に注意が必要です。

治療方法
method

テーピングやワイヤーによる矯正治療や根治手術を
行います。
また、感染を起こしている場合は、
応じた治療などを行います。

  • コットンパッキング法

    陥入した爪の下にコットンを挿入し、皮膚との圧迫を軽減する方法です。
    簡単に誰でもできるのが利点ですが、取れやすいですし、不潔になりやすいです。

  • テーピング法

    陥入している皮膚を弾性テープで下方に
    引っ張り、爪との食い込み軽減させる方法です。簡単に誰でもできるのが利点ですが、テープかぶれなどが生じるとできない治療法です。

  • 弾性ワイヤー法・VHO法・

    プレートを用いる方法

    これらは形状記憶合金のワイヤーやグラスファイバーを利用したプレートなどを用いてこれらを爪に装着し、巻き爪を矯正する方法です。自由診療となり、現在当院では施行しておりませんが、フットケア専門サロンなどでケアを受けることができます。

陥入爪手術(フェノール法)

根治手術で現在、最も多く施行されている方法です。
指の付け根に局所麻酔薬を注射し、指の感覚を無くします。痛みのある陥入爪部分のみ、爪を縦に切り、抜爪します。爪を再生させる爪母と呼ばれる組織をフェノールという薬品を使って郭清するという方法です。 高度に感染していると創傷治癒の観点からフェノールが使いにくく、部分抜爪のみで終えることもあります。また抜爪後は自宅での処置が必要です。

自己処置の方法は、シャワー浴で十分に洗浄し、手術部位に軟膏を塗布、ガーゼを貼付します。
フェノール法を施行した場合は約3週間程度行うことできれいに治ります。 部分抜爪のみでは1週間程度でなおりますが、フェノールを使用していないので当然爪が再生し、陥入爪が再発することが多いです。
また、フェノール法を行っても再発することはあります。その場合、数か月で爪が再生してくるので、痛くなりそうであったら、再度フェノール法を施行します。また、児島法や鬼塚法などの皮膚に切開を加える方法もあります。

陥入爪手術(フェノール法)

趾ブロックという局所麻酔を行って、陥入爪部分を
除去し、病変が再発しないように処置しています。
術後の痛みは心配ないほどです。

ページトップ